BLOG

メルマガの効果と最新活用法:時代遅れではない理由と成功のポイント

メルマガの効果と最新活用法:時代遅れではない理由と成功のポイント

記事トップ

マーケティングの手法として、メルマガを採用している企業は数多くあります。しかし、SNSが広く普及した現在、メールを連絡手段として使う方は減っています。そのため、メルマガは時代遅れなのではないかと考える方もいるのではないでしょうか。

今回は、メルマガを配信する目的や注意点、効果を向上させるテクニックを紹介します。効果的にメルマガを配信する際の参考になるため、ぜひ最後までご覧ください。

メルマガを配信する目的と効果とは?

ここからは、メルマガを配信する目的と効果について、以下の内容を紹介します。

  1. 顧客との関係強化
  2. ブランド認知度の向上
  3. 効果的な販売促進

1. 顧客との関係強化

メルマガを配信する目的の1つとして、顧客との関係性の強化があります。どのような商品やサービスでも、信用できない企業や店舗からは購入できません。そのため、企業や店舗は顧客からの信頼の獲得が業績を上げるためのポイントとなってきます。

メルマガも1回や2回配信した程度では、信用を得ることは困難です。しかし、メルマガでお得な情報や役立つ知識を継続的に提供することで、徐々に顧客からの信頼を獲得できます。顧客から自社への信頼性が向上すれば、ニーズと一致した時に商品やサービスを購入してもらえます。

メルマガを配信して顧客との関係性を強化するためには、自社のPRだけではいけません。受け取った相手が喜ぶような有益な情報を提供して、顧客からの信頼を獲得しましょう。

2. ブランド認知度の向上

メルマガの配信には、ブランド認知度の向上目的もあります。どれだけ顧客にとって役に立つ商品やサービスを提供していても、認知度が低ければユーザーには届きません。そのため、企業にとってブランド認知度の向上は非常に重要な仕事です。

商品やサービス、ブランドの認知度向上のために、メルマガは大きな役割を果たします。たとえば、開発の経緯や開発者の想い、活用例などをメルマガで周知することでブランドを広く認知してもらえます。

認知度が少しずつ向上すれば、商品やサービスに興味を持つ方も増えるため、購入数の増加は難しくありません。メルマガを受け取った側が、興味を持つような内容を配信して、ブランド認知度の向上を目指しましょう。

3. 効果的な販売促進

メルマガの配信で多くのマーケティング担当者が期待する効果が、販売の促進です。メルマガでは、自社製品やサービスのPRが重要です。しかし、購入数を増やすためには、購入したいと思えるような施策を取り入れなければいけません。

たとえば、お得なクーポンを配信したり期間限定のキャンペーンを実施したりします。こうした施策をメルマガ配信限定のサービスとすることで、販売の促進が期待できます。また、購入を促す施策ではなく、自社を知ってもらうためのセミナーやイベントの告知も効果的です。

ただし、メルマガで毎回PRの情報を入れると鬱陶しく思われる恐れがあります。ユーザーに敬遠されないためにも、販促につながる情報は配信頻度を減らして、特別感を演出しましょう。

メルマガ配信のメリットと時代遅れではない理由

ここからは、メルマガ配信のメリットと時代遅れではない理由について、以下の内容を紹介します。

  1. 高い費用対効果
  2. ターゲット顧客に直接アプローチできる
  3. 顧客属性に合わせたコンテンツ提供
  4. 長期的な顧客育成と関係性強化

1. 高い費用対効果

メルマガは、マーケティング手法の中でも高い費用対効果が見込める方法です。なぜなら、紙媒体やテレビCMとは異なり、メルマガは費用がほとんどかからないからです。メルマガを配信するためのツールを使っても毎月数千円程度の出費で済みます。

紙媒体ではデザインから印刷、配布と全ての面で費用が発生します。配布数が増えるほど必要なコストは上がりますが、効果の程度は不透明です。テレビでCMを放送する場合は、さらに多くの費用がかかることもあります。

しかし、メルマガはどれだけ多く配信しても、かかる費用はわずかです。掲載できる情報は限定的になりますが、多くの顧客に配信できれば少ないコストで大きな広告効果が見込めます。

2. ターゲット顧客に直接アプローチできる

メルマガは、ターゲットとなる顧客に直接アプローチできるメリットがあります。メールは顧客のメールアドレスに直接送信する連絡手段です。こうした仕組みを活かしたメルマガは、他のマーケティング手法とは異なり、顧客に直接情報を届けられます。

メルマガは顧客に直接アプローチするため、情報が相手に届くまで時間がかかりません。メルマガは、内容を作り込み多くの顧客に対して送信してしまえば、数秒で配信されます。そのため、リアルタイムの情報を提供することも可能です。

しかし、紙や映像の媒体では情報を届けるまでに時間がかかります。最新情報を掲載しても、受け取る頃には既に最新ではない可能性もあります。直接アプローチできる強みを活かして、最新の情報を届けましょう。

3. 顧客属性に合わせたコンテンツ提供

メルマガは、顧客の属性に合わせたコンテンツを提供できます。顧客の属性とは、年齢や性別、職業や購入履歴などの個人的な情報です。顧客の属性に合わせて、メルマガを配信することを、「セグメント配信」と呼びます。

属性に合わせたコンテンツを提供することで、普段はメルマガを読まなくても読んでみようと思う方も多くなります。こうして相手の属性に合わせた情報を定期的に配信することで、顧客との関係性の強化と販売の促進が可能です。

メルマガは同じ内容を一括で配信することが基本ですが、解説したように属性に合わせてメールを送ることも可能です。顧客の属性から最適な情報を選択し、細かなニーズに合わせたメルマガの配信を心がけましょう。

4. 長期的な顧客育成と関係性強化

メルマガの配信は、長期的な顧客の育成と関係性の強化につながります。1回や2回程度のメールによる情報提供では、顧客にすぐに忘れられてしまいます。そうなっては顧客と関係性は築けず、商品やサービスの購入には至りません。

しかし、定期的にメルマガを配信し有益な情報を提供し続けることで、顧客の印象に残りやすくなります。顧客の印象に残ればメルマガに目を通してもらえる機会は増え、自社製品やサービスの購入につながる可能性も上がります。

顧客との関係性強化は、一朝一夕でできることではありません。少しずつ時間をかけて行うことです。定期的なメルマガの配信は、長期的な顧客の育成と関係性強化に効果的です。有益な情報を提供して、顧客からの信頼獲得を目指しましょう。

メルマガ運用における注意点とデメリット

ここからは、メルマガ運用における注意点とデメリットについて、以下の内容を紹介します。

  1. メール配信しても開封されないことも多い
  2. 大量配信するならツール導入の検討が必要
  3. 個人情報保護と信頼性の確保

1. メール配信しても開封されないことも多い

メルマガは、配信しても開封されないケースも多くあります。場合によっては迷惑メールのフォルダに自動的に振り分けられ、存在を関知されないこともあります。そうなってはどれだけ有益な情報を提供していても意味がありません。

メルマガを開封して読んでもらえる割合は、業界によって差がありますが、全体で20%前後と言われています。つまり、80%は開封されることなく忘れ去られています。SNSの発達もあり、近年ではメールアドレスを持っていても、メールボックスを開かない方も珍しくありません。

こうした状況を改善するためには、メルマガを開封してもらうための工夫が必要です。メルマガの開封率を上げる方法は、「メルマガ開封率を上げる方法とは?」の記事でも詳しく解説しているため、あわせてご覧ください。

2. 大量配信するならツール導入の検討が必要

メルマガを大量に配信する場合は、専用ツールの導入を検討する必要があります。メルマガは基本的に1,000通や10,000通のように大規模に配信しなければ、高い効果は見込めません。しかし、一般的なメールソフトは大規模なメールの送信に適した設定になっていません。

そのため、一度に大量のメルマガを配信する場合は、専用のツールを使用する方が効果的です。メルマガの配信に特化したツールの場合、効率的にメルマガを配信できるだけでなく、配信後の分析が可能な場合があります。

メルマガを大量配信するためのツールについては、「【2024年】メール配信システムのおすすめ比較ランキング15選」の記事でも解説しています。一斉送信サービスをまとめて紹介しているので、あわせてご覧ください。

3. 個人情報保護と信頼性の確保

メルマガを配信する際は、個人情報の保護と信頼性の確保に注意しなければいけません。メルマガは数あるマーケティング手法の中でも、特に個人情報の管理が重要な方法です。メールアドレスという顧客の個人情報を扱うため、外部への流出が起こらないよう、細心の注意が必要です。

万が一、メールアドレスが外部へ流出してしまうと、悪用される恐れがあります。顧客のメールアドレスを使って、他のサイトで個人情報を抜きとられる危険性は少なくありません。こうした事態が発生すると、顧客からの信頼と社会的な信用が全て失われます。

メールアドレスを含めた個人情報を保護するために、必要な仕組みや取り組みを社内で検討して、実践することが重要です。

メルマガの効果を最大化するテクニック

ここからは、メルマガの効果を最大化するテクニックについて、以下の内容を紹介します。

  1. HTML形式の活用と視覚的魅力の向上
  2. セグメント配信によるパーソナライゼーション
  3. コンテンツ品質の向上

1. HTML形式の活用と視覚的魅力の向上

メルマガによる広告宣伝の効果を最大化させるためには、HTML形式を活用し視覚的な魅力を向上させることが有効です。メルマガにはテキスト形式とHTML形式があります。

テキスト形式は、文字通り文章を主体としたメルマガです。レイアウトや画像の部分で制限がありますが、データ量が小さく、誰にでも配信できます。

HTML形式は、画像の挿入やレイアウトの変更が可能なメルマガです。テキスト形式よりデータ量が大きいものの、自由度が高く視覚的な訴求効果が高い形式です。しかし、文字通りHTMLを使うため専門的な知識が必要となります。

HTML形式は、メルマガの宣伝効果の向上が見込めるため、テキスト形式で配信している方もぜひ検討してみてください。

2. セグメント配信によるパーソナライゼーション

メルマガを配信する際は、セグメント配信による個別化を意識しましょう。なぜなら、属性ごとに適した内容のメルマガを配信すれば、広告宣伝の効果の向上が期待できるからです。

同じ内容のメルマガを配信すれば、手間はかかりませんが内容が均一化されてしまいます。均一的な内容のメルマガでは、高い訴求効果は望めません。マーケティングは、購入や成約につなげることが目的のため、メルマガの効果が低ければ廃止される可能性もあります。

そうした事態を回避するためにも、メルマガはターゲットに適したセグメント配信で行いましょう。顧客の属性を分析し、ニーズに近い商品やサービス、有益な情報を提供することを心がけてください。顧客にとって役立つ情報を提供することで、メルマガの価値が向上します。

3. コンテンツ品質の向上

メルマガの効果を最大化するためには、コンテンツ品質の向上が欠かせません。商品やサービスの宣伝でも、クオリティによって効果には大きな差が出ます。メルマガも同様で、効果を向上させるためには、品質の改善が必要です。

メルマガのコンテンツ品質とは、「読みやすさ」です。タイトルやレイアウト、テーマをなんとなく作成するのではなく、顧客の印象に残るように設計することで効果の向上が見込めます。特に、テーマがブレていると、読まれても次のアクションにはつながりません。

メルマガは相手の反応が見えないため、自社のPRが強くなりやすいマーケティング手法です。しかし、顧客に届けることを第一に考えて、コンテンツの品質向上に努めましょう。

メルマガの大量配信と効果測定をするならMail Publisher(メールパブリッシャー)がおすすめ

(引用元:Mail Publisher(メールパブリッシャー)公式サイト

先ほども少し触れましたが、メルマガを大量に配信する場合は、メール配信システムの使用をおすすめします。メール配信システムを利用すれば、効率的な配信はもちろん、メルマガを送った後の分析が可能です。

開封率やクリック率といったデータを分析できれば、改善点を素早く特定し、その後のマーケティングに活用できます。こうしたことから、メール配信システムは、メールマーケティングに非常に重要なツールです。

メール配信システムは、多くの会社から提供されていますが、おすすめはMail Publisher(メールパブリッシャー)です。Mail Publisherは、メール配信システムとしては15年連続で市場シェア1位の実績があります。メルマガの到達率がトップクラスで、届かない課題を解決できるため、ぜひ利用を検討してみてください。

まとめ:メルマガ配信の効果を理解してから取り組もう

インターネットが発達しメールが一般的になった現代では、メルマガは多くの企業が採用しているマーケティング手法です。メルマガは手軽に顧客へ情報を提供できる一方、効果が高い手法ではありません。そのため、効率的な運用には工夫が必要です。

今回は、そうしたメルマガを効率的に運用するための方法を解説しました。解説した内容を参考にして、顧客の心に届くメルマガを配信し、購入や成約率の向上に努めましょう。

TAG

メール配信システム導入からコンサルティング、コンテンツ制作支援など
メールマーケティング支援サービスも行います。
お問い合わせ・資料請求はこちらまで