BLOG

メールユーザー利用実態調査レポート

メールユーザー利用実態調査レポート

記事トップ

感覚で理解していることを、データで理解することは非常に重要です。メールマーケティングにおいても例外ではありません。
例えば、
「他チャネルと比較したメールの効果はどの程度か」
「どれほどのユーザーが、配信停止(オプトアウト)を経験しているのか」
「何通目でメルマガの閲覧を続けるかどうかを判断するのか」など。
その実態を把握するため、スマートフォンを所有する消費者を対象に独自調査を行いました。
本レポートでは、その調査結果とそこから導き出される示唆をまとめました。

調査内容

「メールの効果が薄れている」という話は本当か?

  • 年代×性別ごとの利用チャネル
  • 全世代・性別の利用チャネル
  • プッシュ型コミュニケーションをきっかけとした行動喚起の実態

メールの機会損失「届かない」を防ぐには?

  • 企業からのメールが迷惑メールボックスに振り分けられた経験の有無
  • 迷惑メールボックスの確認頻度

メールの機会損失「配信停止(オプトアウト)される」を防ぐには?

  • 配信停止(オプトアウト)を行う頻度
  • ユーザーの受信メールに対する“頻度”“内容”の捉え方
  • ユーザーのメール閲覧方法

メールの機会損失「読まれなくなる」を防ぐには?

  • メルマガ閲覧継続を決めるタイミング
  • 企業からのメッセージに対するストレスの実態
  • スマホでのメール閲覧に対するストレスの頻度と具体的なストレスの要因
  • 情報に対するストレスの要因
  • メール閲覧の時間帯
  • ユーザーが購入後に希望する内容と、それによる行動や印象への影響

下記フォームに必要事項をご記入の上、ダウンロードしてください。

入力フォーム

以下の項目を入力いただき、個人情報取り扱い方針に同意の上、
最後に「送信」ボタンをクリックしてください。 *」は入力必須項目になります。

個人情報の取り扱いに関しては、「個人情報保護方針」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせ・お申し込みください。

TAG

メール配信システム導入からコンサルティング、コンテンツ制作支援など
メールマーケティング支援サービスも行います。
お問い合わせ・資料請求はこちらまで