BLOG

ユーザー目線で考えるメールマーケティング~セグメンテーションとOne to One~

ユーザー目線で考えるメールマーケティング~セグメンテーションとOne to One~

記事トップ

メールは、企業にとってユーザー(顧客)とのコミュニケーション手段のひとつと考えることができます。
しかし、メールマーケティングによって売上やCS向上に取り組む際、大量のデータの活用方法に悩んだり、多数の施策実施に追われて、企画が場当たり的になってしまったりという事態に陥ってしまうケースも珍しくありません。

そこで今回は、メールマーケティングについてユーザー目線で考え、セグメンテーションやOne to One施策の必要性や施策立案のアプローチ方法をご紹介します。

目次

セグメンテーションとOne to Oneメールの基礎

セグメンテーションやOne to One施策が必要な理由

ユーザーのステータスに合ったアプローチを考える

ユーザーニーズが明確でない場合のアプローチ

フレームワークを使ったユーザーニーズの考え方

ケーススタディ① 自社ECサイト内の利用促進

ケーススタディ② 他社との差別化が難しい商材

ユーザーニーズが明確な場合のアプローチ

ユーザーアクションから施策をシナリオ化する

セグメンテーションで注意すべき4つのポイント

下記フォームに必要事項をご記入の上、ダウンロードしてください。

資料ダウンロードフォーム

以下の項目を入力いただき、個人情報取り扱い方針に同意の上、
最後に「送信」ボタンをクリックしてください。 *」は入力必須項目になります。

個人情報の取り扱いに関しては、「個人情報保護方針」をお読みいただき、同意のうえお問い合わせ・お申し込みください。

TAG

メール配信システム導入からコンサルティング、コンテンツ制作支援など
メールマーケティング支援サービスも行います。
お問い合わせ・資料請求はこちらまで