CAREERS

自社製品の開発に取り組み、プロセスすべてを手がけるおもしろさ

エンジニアとしてシステムを受託開発する会社を立ち上げ、経営を経験。エンバーポイントには2006年入社。現在、9名からなる開発部門の指揮をとる。執行役員として、顧客企業から直接ヒアリングした要望をいち早く製品に反映させることで、市場やクライアントのニーズに合わせた開発をリードする他、就業環境の整備に力を入ている。

技術開発本部
執行役員兼製品開発部 部長
2006年 入社

五十嵐 真人

製品開発に企画段階から取り組める技術者としての醍醐味

当社は自社製品を持つため、新規の製品や機能開発に企画段階から携わることができるのが面白みであり、やりがいでもあります。お客様の声に耳を傾け、競合製品や市場の動向を見極めながらクライアントのニーズを捉えて開発に取り組みます。最近手がけたもので言えばMailPublisher HTML Editorがあります。従来、HTMLメールの制作には専門的スキルが必要で、作業工数も多くかかりましたが、これをドラッグ&ドロップだけで誰にでも簡単に作成できるようにしました。また、自らが必要と考えた機能やしくみを開発し(日々の負荷状況を分析しパフォーマンスをチューニングする、機能リリース後の効果の検証・改善、障害発生時の自動復旧、運用やサポートの支援など)、システムに反映させる機会も数多くあります。
メール技術の大きな特徴として、メールを確実に届けるためのポイントは数多くあるものの、それらの技術的背景が複雑で、具体的対策を導き出すことが困難ということがあります。そのため当社はこれらのポイントを十分に理解したうえで、総合的、継続的に対策を講じています。例えばそれは、私たちの長年の知見に基づいて開発した配信エンジンであり、日々の膨大なメール配信をモニタリングして随時行っているこのエンジンのチューニングです。こうしたことの積み重ねが圧倒的な配信速度と到達性をの維持に貢献しています。

自律的に働き、確かな成果を出すことが求められる

エンジニアの働き方で重視しているのは、自律性、自主性です。業務のスケジュールやペース配分は個人の裁量に任せますが、しっかり結果は出してもらう、「プロセスは任せるが、結果にはこだわる」やりかたです。ただ、個人に業務負担が集中し過ぎないように、残業時間は多くても20時間から40時間/月になるように調整しています。また開発部門は当社の中でもふるさとテレワークの比率が高く、現在は9名のうち8名が常時リモートで勤務し、東京、新潟、栃木の3拠点で仕事をしています。
現在の開発チームは全員10年以上の経験を持ち、設計、開発、構築、運用まですべてできるフルスタックエンジニアがそろっています。特定の業務や技術にこだわる人よりも、幅広い業務領域やスキル習得することを楽しめる方の方が、当社には向いていると思います。エンジニアはともすれば自分のスタイルに固執しがちですが、開発は一人ではできません。柔軟性があって、自分のスタイルや志向と、チームワークのバランスを取れる人が望ましいですね。

技術の潮流と顧客の要望に対応し、さらに事業領域を広げていきたい

メールそのものは成熟した技術ですが、企業における顧客接点の多様化が進んでいる現在、新たな開拓の可能性が広がっています。
当社としては、これまでのメール配信技術をコアとしながら、LINEやSMS配信はもちろん、アプリやDM(ダイレクトメール)など、幅広く企業のメッセージングをサポートする統合メッセージングプラットフォームへと進化させていきたいと思っています。当社はメール大量配信システム市場で12年連続シェアトップの実績を持ちますが、それに甘んじず、常に攻めの姿勢で新しいことにチャレンジしていきます。

INTERVIEWS社員インタビュー

Yoshihiro Kitamura

マーケティング本部
CMO 執行役員

北村 伊弘

創造力を駆使し、メールマーケティングの進化を支えたい

Shuhei Kawaguchi

マーケティング本部
マーケティング部 部長

川口 修平

組織の長所を引き出し、変革期のエンバーポイントを牽引する

Takayuki Yoshida

マーケティングソリューション統括部
営業部 部長

吉田 貴行

「人の喜ぶ姿を見る」ことが、力の源泉

Miho Kato

マーケティングソリューション統括部
営業部 クライアントサクセスグループ

加藤 美帆

多彩な手段で自ら情報を発信し、お客様との信頼関係を築く

Masato Ikarashi

技術開発本部
執行役員兼製品開発部 部長

五十嵐 真人

自社製品の開発に取り組み、プロセスすべてを手がけるおもしろさ

Mihoko Tsuchiya

マーケティング本部 クライアントサポート部
コンタクトセンター マネージャー

土屋 美穂子

サポートを通じて知るユーザーの感覚を、会社の貴重な財産に

Koji Naganuma

マーケティングソリューション統括部
プロフェッショナルサービス部 部長

長沼 晃司

本質を見すえて、顧客企業の期待に応え続けたい

Nahoko Saotome

マーケティングソリューション統括部
プロフェッショナルサービス部 クリエイティブグループ マネージャー

早乙女 奈穂子

企業のマーケティング施策実現のために知恵を絞り、メールを制作